子育てを行う環境

子育ては育児と呼ばれており両親にとっては大変重要な仕事です。多くの子育てをする家族の家族構成が核家族化となっており子育てを行う生活環境は厳しい状況にあります。祖父母からの子育ての干渉を嫌う母親が増えてきているため、両親の手を借りたい時に頼めないマイナス面があります。戦後から経済が成長していく段階では子育てはスパルタ的な教育を行っている家庭が多くありました。

それが現代では消滅しつつあり子供を褒める子育てに移行しています。この褒める子育てが問題なければ良いのですがいろんな面で問題となっています。しかし、厳しく子育てを行うことができない両親が増えており結果として褒める子育てが甘やかす子育てになってしまいます。原因としては、一人っ子の子供が増えているため、大事に子育てを行った結果です。いわゆる躾けられていない子供に成長する可能性があります。そこで今の子育てでも両親だけでなく祖父母や地域での支援を受けることが必要な子育てになってきました。

子育ての中で必要な他人との交流の場となるのが公園や保育園。しかし、保育園の数が足りておらず待機児童と呼ばれる子供が増えているのが現状です。子育ての環境を一日でも早く整備する必要があります。同時に父親の会社の育児支援も重要な役割のひとつとなるため、子育ての理解をしてもらえる会社が必要です。厳しい状況の中での子育てではなく今後は理想とする子育ての環境を整備する必要があります。

[関連サイト特集]
全国のママ達の子育てを支援している子育て専門の情報サイトです ⇒ ⇒ 子育て 支援

Copyright © 2014 子育ての注意点 All Rights Reserved.